盛岡の展覧会の案内状を制作させていただきました。毎年々この展覧会の準備で年越すことが多いのですが今年もどうやらその感じになりそうです。さて作品がまだ完成していないのに案内状が先にできてしまうということも、いい歳なのだからもっと計画的に準備ができないものかとも思うのですがコレがなかなか…。

 
しかしながら頼まれたはいいものの、案内状の制作はずいぶんと考えてしまいました。この展覧会のゆくすえ、東北のゆくすえ、時代のゆくすえ、
いろいろな祈りをこめて…。

 
まず今がいろいろな意味で原点であることの表明です、時代が大きく動いていることを感じています、レイアウトはあえて不安定さや流動感を表現してみました、色彩はマゼンダとシアンを単色で使い原色の清さをとりいれてみました、写真は皆様おなじみのムサビでロケをさせていただきました、卒業制作真っ盛りの学生さんに協力してもらいました、つなぎを着て、床にうつぶして皆様も大きな絵を描きましたよね…。とにかく何でもかんでも、わたしたちは、純粋に自分の手を動かさないことには前に進むことはできないのです。

 
今年の年明けも盛岡から、来年の年明けも盛岡からになります。
まさかこんなコトになるとは今年の初めには予感することができませんでした…
でも何かが動き出しているのです…
作品つめていきます…
よろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です