SICF13 (スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル) なる作品展に参加することになりました。

公募展です。久しぶりにポートフォリオが一次審査を通過し、とりあえず展示までこぎ着けました。期日は5月5・6日にゴールデンウイークの最終日になります。きっと皆さん遊びに出かけていて東京はガランとしている頃ですね…。行く場所がない人は是非見に来て下さい。私はずっと会場にいます。本当に久しぶりの東京での展示です。

本日はその展示説明会でした。搬入などの段取りの説明を受け、会場の見学をしました。インスタレーションの予定なのでスケール感や空気感をつかむよい機会となりました。静かに燃えてます…。

もう戻れない場所
本物の痕跡、真実の自傷
引用された断片化言語
顔色を探るかのごとく
懐疑的な到達点

光に満ちた
無明への漂流

Arrive at the place which cannot return.
A real trace, a true self-mutilation.
Quote from fragmentation language.
Feel in others complexion.
Skeptical reaching point here.

Fill by bright light.
Wander around the avidya.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です