新年早々、早起きの日が続きます。
写真は、勤め先に向かう始発バスからモルゲンロートに染まる議事堂の図であります。

さて、新年らしく抱負をのべたいと思います………………(シーン)……。
今更、自己の急成長は望めそうもないし、ダイエット宣言でもしてみるかなぁ…。と悶々とする数日。

企業は成長しなければいけない(社長談)らしいのですが、
「社長!人間はそう易々と成長なんぞできませんぜ。」と言いたい。特に歳を重ねると新たな思考回路はできにくいし、今までのどうしようもない経験が邪魔をするだろうし、感動はしづらいだろうし、赤ん坊のようにスクスクと成長してゆくイメージはどうしても描きづらいのであります。

昨年は、若者に自己分析を学びオノレとはなんぞや?という問いかけにパッと答えられるような人格を少しだけ目指してみました。結果はどうだったのでしょうか?皆が自分をどのように見てくれていて、社会の中での役目を見いだして、その役にたつように人生を進めてみるというのは確かに生きやすいなぁと思いました。でも、私も社長になりたいなぁ。とか、自由気ままに生きたいんだよ。という“あこがれ”の部分を削いでしまうようなリスクも同時に抱くことも学びました。人間の成長の多くは“あこがれ”という希望に支えられているように感じます。自分ではない本当の自分は、自分の中に眠っているかもしれないし、外からやってくるかもしれないし、本気で人生をコロがってゆく気がなければ、その境地に辿り着くことなんてできないのだろうな…。と思います。特にモノをつくる世界では…。

というわけで、“幸せに生きたいです”とかいう今風のナマやさしい“あこがれ”はかなぐり捨て、オノレの野望を貪欲に追い求め、さらなる境地へ彷徨いだす美らしきモノたちの奴隷となって日々を過ごしてゆきたい…。そう、尽くす相手は、“美らしきモノたち”なのだ。不幸でなにが悪い。それは、アナタの考えだ…。

だから、集中しているときには、絶対に話かけないでください…(ウッソでーす…飲みにもいきましょう…)

今年もそんなわけですのでメンドーかとは思いますが、
何卒おつきあいのホドよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です