原風景

 
最近は、ひとりでいることに向いています。まぁ働いてはいますが、心を閉ざした引きこもりであります。ブログをサボっていることのツマラナイ言い訳なのでありました。

 
対話と言ったところで自分がダメダメであれば、全てが台無しなのであります。オノレと向き合い、人と向き合い、大勢と向き合う中で、原点は一人称の私にあります、常になんかちょっと違うんだよなぁという違和感を表面的に繕い、一生懸命に打ち消したところで内省的な対話は成り立ちません、オノレの狭さに嫌悪感を覚えるばかりです。オノレがどう形づくられているかを観察することを怠っていてはいけません、その形は人それぞれ、他人から言われることも時に参考にはなりますが、オノレの形は自分でしか診ることができません。そしてオノレとの対話から始めなくてはいけない、モノゴトを感じ表現することは、オノレとの駆け引きが、とっても多いのであります。

 
先日、ある人の作品展を観に行きました。そこには原風景と呼べるようなものが、たくさん並べられていました。子供の頃に見た、心に焼きついた風景、光に満ち、風が吹き抜け、力強い大地と海。人間には刷り込まれたものがあることを思い知らされました。皆がそれぞれそのような原風景を持って生きているのでしょう、それを大切にしまい、忘却の彼方に置き去りにしているのかもしれませんが、心の奥底にはその人なりの風景が広がっているのでしょう。

 
昔、その人に質問をしたことがありました。「故郷を訪ねたりしないのですか?」こんなに近くまで来ているのだから、フラッと、そこに立ち寄ったりするのかと思ったのです。答えは、「美しいままで残しておきたいから、そこには行かない…。」淡々とおっしゃられました。風景の中に立ち、そこで感じられたこと。それは、時代のうつろいと共に、歩む中で、熟成された記憶となり、燦めく石のように結晶化してゆくのでしょう。そこに帰れないと知りながらも、それに向き合い表現する。なんとも美らしき生き方ではないでしょうか。

 
オノレとの対話するときには、そのような心の奥底を診る必要があります。美らしき記憶は、知らず知らずにオノレの形に影響しているハズなのです。そしてそれらを起点にすること、それは表現者の常識なのかもしれません。

19. 9月 2017 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト, 美術のコト | Leave a comment

罪悪感

みんな生きるために一生懸命に苦しくたってコツコツと働き、お金を稼ぎ、幸せに向かっているのに。オマエは何のためにそんなクソみたいなモノをつくっているですか?そんなことをやっている場合じゃないだろう!もっと生き方を変えないとまずいんじゃないか?そんな「罪悪感」と今日も戦っています。

 
昔は勤先で、美術なんて全く興味のない先輩にも、「私、こんなことしてまーす。」と気軽に言えたのに、今、後輩たちには、ひた隠しにして、バレないように結構な神経を使ってやっています。責められているかのような、この感じ…。ヤバイ時代ですよ…。なんで皆んな無言で私を責めるのでしょうか?私は日々、美らしきモノゴトと戦っているのに…。何故、私を責めますか?自由に見えますか?楽そうに見えますか?暇そうに見えますか?許せないですか?

 
つまりです、時代は日々変わっていってるということなのでしょう。えたいの知れない巨象に縛られる方向へ、その巨象を神のように崇め、ひれ伏すことが人間の役目であると、誰が指示するわけでもないのに、自らそのパラドックスにはまってゆく流れ。社会では「働き方の変革」なんてことも言われていますが、結局は浮いた時間で新しい価値を探して社会の役に立つことをしろ!なんて言い出す始末なのです。なんとか時間と資金をつくり、社会的価値ゼロの制作のなんてものは「罪」のように扱われます。

 
でも、私はパートタイムアーティスト。立ち位置が違います。制作に必要な稼ぎのために働き、美術に捧げています。だからといって稼ぐために人生の結構な時間を費やすわけですから、手を抜くわけもなく真面目に取り組んで、皆がやりたくないような(評価に値しない)まずい仕事もし、社会に役立ち、維持発展してゆくために必要な努力は惜しんでないつもりです。しかし、そんな戯言が通用しなくなってきてしまいました…。

 
まぁ、私は、もう開き直っているので苦ではないのですが…。

 
キミたちのことが心配なのです!

 
人間は信じるものの下部として生きるべきです、キミはまだ「えたいの知れない巨象」を信じているのですか?キミは、心からそれを信じていますか?もしそうでないのであれば、夢や希望や愛やキミが信じられるものを信じる訓練をしてください。表面では縛られたフリをし、陰ではキミを生きてみてください、そして心から信じられる人にそれを伝えてみてください。それは楽しいことではないかもしれません、幸せではないかもしれません、でも信じることができるのであれば、その方向に一歩づつ進んでみてください。たとえそれが「罪」であろうとも、たくさんのキミを輝かせるキラメキが眠っていると思います。頑張ってみてください!キミはまだ誰も知りえない最先端を歩いているのだから…。そして自分を信じてあげることも忘れずに…。

14. 6月 2017 by Takayuki Katahira
Categories: 美術のコト | 2 comments

発言

 
発言を求められること、これって生きてゆく中の様々な場面で出くわします。

 
じゃ、片平さん一言お願いします!なんてこともたまにはあるわけでして、なんで、こんな内向的なオレにふるのよー、と思いながら言葉に窮することが度々起こるわけです。気の利いた言葉なんてすぐには出てきません…。最近ブログさぼってますね…。なんてことも言われるのですが、ああ読んでくれている人がいるんだー。と嬉しい反面、深く反省したりもするわけです。もう、なんか忙しくて文章なんて考えてられんのですよ…。

 
こんなことをいうと、真面目すぎるんでよ!そんなのテキトーでいいじゃないですかー。とアドバイスをいただくこともあるのですが、テキトーなことを面白く表現するって、それって私にとっては、かなりの高等技術なのですよ、そんな才能は微塵も備わっていないのであります。

 
というわけで、そんなオノレに立ち向かいブログ書きます!

 
いや書けない…
やっぱ書けないっすよ先生…
どうしたら書けるんですか…?

 
と悩みつつ本屋に行くと自己啓発本の山であります。弱った心で立ち読みであります…。皆、苦しいのでしょうね…何か他者から求められることに対しての違和感…自分の心がそれと共感できない違和感…日々悶々と暮れゆくこの人生…。あぁ我が人生…。

 
希望は捨てて、その渦中にいても、心は違う世界で生きなさい、もがいても渦中に沈むばかりで浮き上がることはできません、貴方は貴方のままで十分素敵で幸せなのですよと教えてくれる本。それとは逆に、自分を日々磨きまくって、学び、成長して、他人を巻き込み優れた人と出会い幸せな人生を歩んでください。と勧められたりする本。

 
世間はこの2系統の人種で成り立っていて、お互いに相容れないので世界はこんなに疲れているのだなと感じてしまうわけです。まぁ、といっても、経済至上主義の上に成り立った、ある程度の豊かさを保った社会での出来事なのでしょうが何とも不幸でなりません。

 
なんか発言っぽくなってきましたかね?

 
つまりですよ、自己啓発乱雑出版状況の分析からすると、世に言う「意識が高い」ということを前提に発言しようとするってのが自分を追い詰めているのかもということです。幸福感に満ちた前向きで明るく愛に満ちた発言がきっと求められていると感じるから、ホントは言えないですし、さらには心なく建前どうりで期待に応えるしかないのであります。

 
というわけで
「まともな発言なんかしている場合か?」

 
今日の一言でした…。

30. 4月 2017 by Takayuki Katahira
Categories: 日々のコト | Leave a comment

てのひらつれずれ

19. 4月 2017 by Takayuki Katahira
Categories: 美術のコト | 2 comments

転換期

 
先日、対話とは相手を「否定」しないことだという話をした際、それは、受け入れて私が変わらなければいけないということでしょうか?という質問を受けました。いや受け入れるのではなく、自分とは違う、そういう人がいるのだということをまず知ることが大切なのだよ。相手に対話の意識が無いんじゃ話にならないけど…少なくとも相手に対話の意志があるのであれば「否定」はしないよう気をつけた方がいいと思う。と答えました。

 
この世は、相手が自分と同じ価値観や理想を持ち、自分のようになって欲しいと願っている人がとても多いと実感しています、特に見下している者に対しての価値観を押し付けようとする姿には辟易とします、そんなに自分を愛せる人が羨ましい。そういうことができるのはマジョリティーでマイノリティーは、自分の存在に対しての問いが尽きないそうです…。さて、あなたは、どちらでしょうか?

 
誰しもが自己を冷静に観察し真価が判断できていれば、そのような押し付けはできないと思うのです。私も自分の真正基盤がどこにあるのかを常に考えています、過去の価値観を棄て去り現在進行形の話がしたいのです。過去に比べ現在や未来について断言できることなどほとんど無いんじゃないでしょうか?常識と呼ばれるものも揺らいでいます、道筋も見えません、そんなモノゴトを報告せよ!と言われたところで、うまく出来るはずがありません。誰しもが理解出来るように、うまく伝えることができなければダメ人間の烙印が押され、仲間はずれにされ、排除され、攻撃されるのです。

 
でも、私もこの時代に生きているわけですから完全に抹殺することなどできないはずです。皆が同じ考えを持つことの恐怖の方が大きいのです、わかる人だけがわかればいいと思っています。でも、本来、わかりにくい事柄をわかるべき人がわかっていないのは問題なのです。

 
ですから、私の話もわからないでしょうが「否定」から入らず、時には耳を傾けて欲しいなと思うのです。今、生きている時代は、大きな転換期であると感じています。そして、それにともなう混乱が出現している時代なのだとも感じています。だからこそ、いろいろな人の話を深くきき、他者の受け売りではなく、自分の心で判断できるような人がひとりでも増えてくれるよう、自戒の念を込めて、語り続けたいと思ったわけでした。

 
では。

01. 2月 2017 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | 2 comments

グループ展です

千疋屋ギャラリー
TODAY’S ACTION 第3回研究会展
1月10日(火)~1月15日(日)
平日 10:00~18:00  土曜日 10:00~17:00 最終日 10:00~16:00
〒104-0031 東京都中央区京橋1-1-9 千疋屋ビル2階

 
もう始まっております…。是非。

 
そして時間との戦いです、モノゴトが良い方向に進み出すと必ず足を引っ張られます。陰陽の関係です。今まさにそんな感じなのであります。時間に追われ、迷惑をかけてしまう…本当にスミマセン…不義理をお許しください…動きを止めようとマイナス思考が頭をもたげてきます…本当にギリギリの年末年始を過ごしておりました。昨年は、作品も新たな境地に入ることができましたし、対話を通じた素晴らしい体験を共有できた年でもありました。真剣にモノゴトに取り組み、涙するほどの感動を与えてくれた人たちの顔が蘇ってきます…感謝の気持ちでいっぱいです。クリスマスも大晦日も正月もなく、全開で走っております。モノをつくって生きていることに「何かのために」という理由付けは関係ありません、理由を一所懸命考えるばかりで何もしない人たちは、できない理由を考えているのだということがよく分かります。そのようにならないためには、ただ情熱的に進むだけです。熱量が多ければ多いほど理想への距離を縮めることができるはずです。手やカラダを動かし、解らないものを解らないなりに愚かに静かに追い求める人に磨きをかけてゆきたいと思っています!そして皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

 
今年もよろしくお願いいたします。

11. 1月 2017 by Takayuki Katahira
Categories: 美術のコト | Leave a comment

キラキラ

161129

 
最初は、あまりに嬉しそうな顔をしてこちらを向いているので、私の顔に何か付いているのか?何気なく顔を弄ったり、着ているものがおかしくなっていないか?何気なく手をやって確認するも異常はありません…。「何でそんなにキラキラ嬉しそうな顔をしているのしょうか?」と尋ねてみても良いかもしれませんが、さすがにそれは失礼だと思い、まぁ、異常はないのだからそのままで良いかと思ったわけであります。そしてその人と話が始まると、凄い目力で私を見つめてきます、黒い綺麗な瞳をしています、カラーコンタクトをしているふうでもありません、私の目をじっと見つめ一瞬も目を離さず、話の内容よりその目力が気が気ではありませんが、目をそらさないようにじっくりと話をするのであります。私は、よく「妖怪っぽいよねー」と言われたりするわけでして、多分相手にとっては、珍しい動物か何かに見えているのでしょうね…。そんな訳で普通人に混じってキラキラ星人が私の周りでコンタクトを取り始めているようなのです、一人や二人ではないので、そのうちキラキラ星に連れて行かれるのでしょうか?

 
しかしです、この地球では、キラキラ星人を快く思う者だけではないようで、今度は、アマガサ星人のお出ましであります。朝、ホームに向かう通路で後ろから傘の紐をとめずに水しぶきを撒き散らしながら早足で私にぶつかりながら追い越して行きました、「チョッと」と思わず声を出してしまいましたが、他人が濡れることなどお構いなし、私の手や袖を濡らしても知らん顔、左手にはスマホを握りしめ、何かの交信をしているようでした…。その後、ラッシュ時の混雑した電車に乗ると、鞄の外側に濡れた傘を斜めに持ち電車に乗っている男がすぐ後ろにつきました、「私のズボンが濡れるではないですか…」と言いたいところですが、彼が持つスマホから変な光線でも出されて地球が消滅しては元も子もないので黙ってやり過ごすのでありました。アマガサ星人はさらに電車のドアに傘を挟んだらしく、電車を10分程度遅らせ、人々の苛立ちを増幅させる使命を忠実にこなしているようなのであります。雨の日の彼らの活動には目を見張るものがありますが、あまりにこの星の住人とは違いすぎるのでバレバレなのであります。

 
そんな訳で、ちょっとした迷惑はやりすごし、キラキラ星に連れて行ってくれないかと内心ワクワクなのであります。あなたの周りにもキラキラ星人とアマガサ星人は出没していませんか?では。

30. 11月 2016 by Takayuki Katahira
Categories: 日々のコト | Leave a comment

個展終了

161017_01

 

個展終わりました。
すべてに感謝しております。
本当にありがとうございました。

23. 10月 2016 by Takayuki Katahira
Categories: 美術のコト | Leave a comment

個展始まります

161009_01

 
皆さま、こんばんは。
明日から個展「静寂の端 位置の形成 回生の支度」が始まります。

 
巷房
http://gallerykobo.web.fc2.com/
10.17(月)− 10.22(土)
12:00 – 19:00 / final day 17:00
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル
Tel/Fax 03-3567-8727

 
よしこれから搬入です。クルマに入るだけの荷物を積んで銀座のギャラリーに向かいました。
その直後、交差点を右折した瞬間、向こうから勢い良くクルマが飛び込んできました。瞬間的にハンドルを左に急ブレーキ!あぁぶつかる止まらない完全にぶつかるタイミング。相手の女性の顔が引きつっているのも見えました。こんな時、人はよくそんなものを見ているのか不思議に思いますが…。本当にギリギリ、あと数センチのところで止まりました。助かった…。
それからも安全運転に徹し、ほぼ、予定どうりに銀座に到着、歩行者天国でぐるっと遠回りをするも、目の前の一台だけ空いていた駐車場にすんなりクルマを止めることができました。そして、道を渡る時、横の方でギギギと急ブレーキの音。今度はコチラが轢かれそうになったのでした。セッカチに勇んで、飛び出してしまったのでした…。

 
なんか、今日は、命がけだな…。

 
ギャラリーに挨拶をすませ、クルマの中で軽く瞑想をしました。本当は、数分でも寝たかったのだけども眠れそうにありません。目をつぶり、呼吸を整え、空っぽに空っぽに…。そうこうするうちにクルマの横に女性が一人が、「搬出は終わりましたので、もう、できますょ。」とわざわざ伝えに来てくれました。

 
さて、3階のスペースの展示であります、作品が緊張感をもってそこに存在してくれるかどうか?不安でしょうがありませんでした…。インスタレーションとは言いながらも、ほぼ、カタチができているものなのでありました。サクサクと作業は終わり、あとは、昼間の光の中でのライティングの調整だけでOK!
そして、翌日は地下の展示、光と影を効果的に見せるというプラン。イメージどうりにはいかない、アトリエで見ていたそれとは全く別物なのでありました。ああでもない、こうでもない、昨日とはうって変わり迷走しました…。糸口が見えません…。結局、思いっきり要素を削りおとしました、これもインスタレーションの醍醐味かもしれません。あの作業はなんだったのだろうとは思いますが… 削りに削り、最後丁寧に布を縫い合わせ作業は終了。プランには無かった、展示が完成しました!

 
事故にあいそうになったあの瞬間から、誰かに見守られている感がありました、なんなのでしょうかね?
本当に無事にここまでこれて、感謝しかありません。

 
自分で言うのもなんなんですが…。とてもいいです。自分の作品に感じられません、誰かが自分のためにつくってくれたもののようです。もし、このブログを読んでしまったら、必ず来てください。そして周りの人も誘って。失礼ですが仕事なんかしてないでサボってでも来てください。もし、自分がダメなら代理人をよこしてください。お待ちしております。

 
よろしくお願いいたします。

16. 10月 2016 by Takayuki Katahira
Categories: 美術のコト | Leave a comment

個展やります。

161009_dm

「静寂の端 位置の形成 回生の支度」

 
巷房

 
10.17(月)− 10.22(土)
12:00 – 19:00 / final day 17:00
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル
Tel/Fax 03-3567-8727

 
よろしくお願い申し上げます。

10. 10月 2016 by Takayuki Katahira
Categories: 美術のコト | 2 comments

明日が来てる

160925

 
ブログを更新できません。結構、下書きは書いているのですが、腹立たしいことや悔しいことばかりの雑念にまみれております。それでも「明日が来てるぞ。」と言っては、周りや自分の背中を押しています。ウソばかりの日常です…。

 
私は、ヒトではなく人のことを、人間関係ではなく人間との関係を考えたいと思っています。
「処置なしの野蛮な思想には近づくな。別の次元を生きろ。戦いにのまれるな。」と心が叫んでいます。

 
日々、対話対話と言ってはいますが、そもそも意識して対話をする関係など、その現実が不幸そのものなのです。「チャランケの後は、イクサだ…。」対話と言っている時点でほぼ先は見えているのです、対話の意味を考えれば考えるほど、絶望と紙一重のところにいることが明らかになってくるのです。日常は狂気に満ち溢れています、誰が悪いわけではなく、狂気はただそこに在るもののように感じます。たぶん、敵などはいないのでしょう、無理やり戦ったところで虚無感だけがポッカリ口を開けて待っているだけなのだと思います。それでも、前に進まなくてはいけないのでしょう…。人間は…。

 
さらに、ヒトや人や人間を変えようとするオーソリティーに辟易しています。期待される人材にならないと生きてはいけないのですか?アナタはそんなに完成されたヒトなのですか?私はアナタのようにはなれないのです、いや、なりたくありません。でも、今日に満足なんかしていません、日々、自分を変えていますし自分が変わることを意識しています、目指すべきオノレに近づくために。それでは許されないことなのでしょうか? いや、ワガママ言いますが許してください!

 
ホント、ひとりで、静寂に包まれて、美らしき気配を追い求めたいのですよ。頼みますからチョッカイを出さないでいただきたい、こっちはこっちで制作とか何やらで忙しいのです。

 
個が試される時代なのですね、疲れます…。

26. 9月 2016 by Takayuki Katahira
Categories: 日々のコト | Leave a comment

執行空間

160822

 
毎日、勤め先に向かう途中、バスから見る「朝の光景」がありました。

 
そこの交差点の角には、植栽にわずかばかりの凹みがありました。
5年前のある日、白いテントがたちました。
ある日、テントの前でビラを配る人がいました。
ある日、そのテントの前の折りたたみ式の椅子に何人かが座り話し込んでいました。
ある日、その前に人だかりができていて、怖い顔をした人たちがテントに向かって大声を張り上げていました。
ある日、クサリが張り巡らされました。
ある日、盲目の男が一人、椅子に静かに腰を下ろしていました。
ある日、監視カメラが設置されていました。
ある日、隙間に小さなテントが間を埋めるように立ちました。
ある日、張り巡らされたクサリに看板が何枚もぶら下がっていました。
ある日、もみ合っている人たちを少し離れた場所でビデオ撮影をする人がいました。
ある日、テントの前の小さな鉢に水をやる男がいました。
ある日、テントの上に雪が積もりました。
ある日、木の緑が濃くなってきてテントを覆いました。

 
そして今日、テントはなくなり、柵でその凹みは囲まれていました。
台風が近づいていて強い雨と濃い緑が大げさに揺れていました。

 
白いテントがたってから、いつかこの日が来ることを予感しながら、その前を日々通り過ぎました。私は、囲まれた柵の内で、何も気づかず、何かを見落とし、痛みも感じず、あまりにも滑稽な、過ぎゆく日々を傍観しています。

23. 8月 2016 by Takayuki Katahira
Categories: 日々のコト | 4 comments

← Older posts