自虐社会

141002

 
『気力のないヤツと遭難するぐらいだったら、
ロープを切り離して一人でいこう。』

 
こう考えることは曲悪なのです。
みんな明るく元気に彷徨っているほうが幸せなのです。

 
私からみて、まともで魅力ある人たちは、「人のためによかれと思い、西から東にかけずり回る。やっと見つけた優しさは、いともたやすく萎びた。」こんな歌がありましたが…まさにピッタリな感じです…。でも、萎びることなんてかまいはしない。あまりにも非常識なヤツのために、あまりにもデキないヤツのために、あまりにもアフォーなヤツのために、ヨイショして付合って、希望と勇気を与え、決してあきらめない。それが彼らの正義なのです。

 
うまくいくかを考えるより、何に価値があるのかを考えて生き。楽に生きることより、風姿は貧しくとも未知の境地に辿り着く希望をもち。訳の分からない物事を面白がり、オノレが消化不良になる物事に食らいつく気概をもったヤツ。
オマヘハ絶望スルホドニ行動シテイル。素晴らしいゾ。

 
アフォーなヤツが「私、アフォーなの」と大手を振って歩くことに目をつぶる自虐社会。芸術かぶれの非常識人が「私、アフォーなの」とめちゃくちゃでも目をつぶってくれる。でも、文句があるなら直接言ってほしい…。淋しいじゃないか?
陰口を叩かれようが阿房臭い目算を押し付けてやりたいのに…と実はたくらんでいるのです。
私に効く薬など多分ないとは思いますが…。
あきらめないで…。オネガイ。

02. 10月 2014 by Takayuki Katahira
Categories: 日々のコト | 2 comments

Comments (2)

  1. 激しく同意!

Leave a Reply

Required fields are marked *


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.