個展始まります

161009_01

 
皆さま、こんばんは。
明日から個展「静寂の端 位置の形成 回生の支度」が始まります。

 
巷房
http://gallerykobo.web.fc2.com/
10.17(月)− 10.22(土)
12:00 – 19:00 / final day 17:00
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル
Tel/Fax 03-3567-8727

 
よしこれから搬入です。クルマに入るだけの荷物を積んで銀座のギャラリーに向かいました。
その直後、交差点を右折した瞬間、向こうから勢い良くクルマが飛び込んできました。瞬間的にハンドルを左に急ブレーキ!あぁぶつかる止まらない完全にぶつかるタイミング。相手の女性の顔が引きつっているのも見えました。こんな時、人はよくそんなものを見ているのか不思議に思いますが…。本当にギリギリ、あと数センチのところで止まりました。助かった…。
それからも安全運転に徹し、ほぼ、予定どうりに銀座に到着、歩行者天国でぐるっと遠回りをするも、目の前の一台だけ空いていた駐車場にすんなりクルマを止めることができました。そして、道を渡る時、横の方でギギギと急ブレーキの音。今度はコチラが轢かれそうになったのでした。セッカチに勇んで、飛び出してしまったのでした…。

 
なんか、今日は、命がけだな…。

 
ギャラリーに挨拶をすませ、クルマの中で軽く瞑想をしました。本当は、数分でも寝たかったのだけども眠れそうにありません。目をつぶり、呼吸を整え、空っぽに空っぽに…。そうこうするうちにクルマの横に女性が一人が、「搬出は終わりましたので、もう、できますょ。」とわざわざ伝えに来てくれました。

 
さて、3階のスペースの展示であります、作品が緊張感をもってそこに存在してくれるかどうか?不安でしょうがありませんでした…。インスタレーションとは言いながらも、ほぼ、カタチができているものなのでありました。サクサクと作業は終わり、あとは、昼間の光の中でのライティングの調整だけでOK!
そして、翌日は地下の展示、光と影を効果的に見せるというプラン。イメージどうりにはいかない、アトリエで見ていたそれとは全く別物なのでありました。ああでもない、こうでもない、昨日とはうって変わり迷走しました…。糸口が見えません…。結局、思いっきり要素を削りおとしました、これもインスタレーションの醍醐味かもしれません。あの作業はなんだったのだろうとは思いますが… 削りに削り、最後丁寧に布を縫い合わせ作業は終了。プランには無かった、展示が完成しました!

 
事故にあいそうになったあの瞬間から、誰かに見守られている感がありました、なんなのでしょうかね?
本当に無事にここまでこれて、感謝しかありません。

 
自分で言うのもなんなんですが…。とてもいいです。自分の作品に感じられません、誰かが自分のためにつくってくれたもののようです。もし、このブログを読んでしまったら、必ず来てください。そして周りの人も誘って。失礼ですが仕事なんかしてないでサボってでも来てください。もし、自分がダメなら代理人をよこしてください。お待ちしております。

 
よろしくお願いいたします。

16. 10月 2016 by Takayuki Katahira
Categories: 美術のコト | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.