Category Archives for 周辺のコト

太陽対決

  映画『太陽を盗んだ男』を見ました。中学の理科教師のジュリーが夜な夜な汗水たらして原爆をつくりあげる過程、まだまだ全盛のアキバが出てきたり、サラ金で借金して機材を買ったり、昼間は職場で昼寝したりと、どこかの誰 … Continue reading

21. 12月 2014 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

どこかとつながっている

  「どこでもドア」ではないのだけど、表現したりつくったりするなかで「どこかにつながっている」感覚はとても重要です。 時間軸、空間軸の視座で、その感覚に気づき、広がりの中で如何様にも自由でいられることは表現者に … Continue reading

21. 10月 2014 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト, 美術のコト | 2 comments

ヒトデ

  私は、最果てにて絵空事を構成しハリボテをつくり続けているにすぎません。   錯覚していたにすぎないのです。でも、この錯覚を認めてしまえば、消滅に向かうこともわかっているのです。もはや私の半分は、幽 … Continue reading

13. 6月 2014 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

美学とモノづくり

  今日も、ブログを読んでくれてアリガトウゴザイマス。   「ブックマークしていつも読んでますよ。」とか云われてしまうと。嬉しくてしょうがないのと、もっとしっかりとしたコト書かなくちゃナと振起させたり … Continue reading

21. 3月 2014 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト, 美術のコト | Leave a comment

尽くす相手

  新年早々、早起きの日が続きます。 写真は、勤め先に向かう始発バスからモルゲンロートに染まる議事堂の図であります。   さて、新年らしく抱負をのべたいと思います………………(シーン)……。 今更、自 … Continue reading

10. 1月 2014 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

集合のふるまい

  アンドレアス・グルスキー展に行ってきました。 複雑に巨大化したみえないシステムによって、集合生命体としての人類が成り立っているという視点がアタマから離れません。 例えば証券取引所の写真、コンピュータに向き合 … Continue reading

22. 9月 2013 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | 2 comments

みえるもの みえないもの

  北海道にいってきました。 今回もいろんな人に支えられて、対話をし充実した時間を過ごしました。   旅中ずっと考えていたことは、 人は皆、「みえないもの」を必死に自分なりに「みよう」とすることです。 … Continue reading

08. 9月 2013 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

Defines.jp

  みなさま、今日もブログにわざわざ来ていただいてありがとうございます。 あらためて感謝しております。   さて、今日は新しいプロジェクトのご案内です。このサイトをみていただいている方のほとんどは何ら … Continue reading

23. 6月 2013 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | 4 comments

あわい

  マリオ・ジャコメッリの写真をみてきました。 そこに刻まれているものは、光と影などというなまやさしいものではなく、 虚空に黒き粒子が結晶化するときにうまれる詩なのだろうな…。 そこにある視線、感情、風景のすべ … Continue reading

11. 5月 2013 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

常設展

  あまりにやるせないことが続くので、 気晴らしに、お堀の横の美術館にフラっと立ち寄りました。   中はガラガラ、静かで物思いにひたるには、この上もない好条件でした。   その中で、引っかか … Continue reading

05. 2月 2013 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

ミゾは埋めない

  ゲージツは、時代の最先端と最後尾を歩いています。   だから、中途半端な位置にいるヤツにまったく興味がわきません。   そして、求めているものは、ゲージツではなく美術なのかもしれない。 … Continue reading

19. 1月 2013 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

終焉と草創

27. 12月 2012 by Takayuki Katahira
Categories: 周辺のコト | Leave a comment

← Older posts

Newer posts →